─戦没画学生の遺作の修復・複製化─

「絵づくろい基金」へのお力添えを!!

About Mending-pictures Fund

 戦後七十余年、戦争に対する記憶の風化が叫ばれる今、「無言館」にならぶ画学生たちの作品も、深刻な劣化や傷みの進行におそわれています。かれらの生命のあかしともいえる遺作の輝きを、いつまでも後世に残したい。そんな願いから、「無言館」では数年前より「絵づくろい基金」という、画学生の作品の修復、複製化、保存環境の整備などに特化した基金を創設しております。かつて日中戦争、太平洋戦争のもと、「絵を描きたい」という一心で絵筆をとりつづけた画学生たちの遺作を、少しでも現状に近い姿で、次代に伝え守ってゆくための「絵づくろい基金」に、ぜひお力添え下さい。

修繕風景その1

ご寄付のご案内

法人·会社 1口 5万円
個人 1口 5千円 (1口に満たなくても結構です)

《お振込先》
ゆうちょ銀行(郵便局) 00520-9-36114
(口座名)一般財団法人 戦没画学生慰霊美術館 無言館
※手数料無料の払込用紙を用意しておりますのでご希望の方は事務局までご請求下さい。

八十二銀行塩田支店 普通口座 289492
(口座名)一般財団法人 戦没画学生慰霊美術館 無言館
※八十二銀行様のご配慮で、口座名は〈戦没画学生慰霊美術館〉だけでもお振込み頂けます。

◎「絵づくろい基金」の趣意書をご用意しております。ご希望の方は無言館事務局(電話0268-37-1650)までご請求下さい。

一般財団法人 戦没画字生慰靈美術館「無言館」
館主 窪島誠一郎
〒386-1213 長野県上田市古安曽3462
Tel 0268-37-1650 / Fax 0268-37-1651